ワイン、カクテル、ビール、ウィスキー、何がお好きですか?


BARでどんな飲み物をよく飲まれますか?こだわりはありますか?

多種多様のお客様がいらっしゃいますが、
BARでお客様が頼まれるものは大きく2パターンに分かれます。
  • 自分が気に入っているのお酒をいつもどおりに飲む方。
  • 普段飲まないもの、全く飲んだことのないお酒を求める方。
気に入っているお酒を飲む方は
その方の好みに忠実に、限界まで質を高めておだしするようにしています。
好みがわかっている分、比較的気持ちが楽だったりします。

ただ、普段飲まないものや全く飲んだことのないお客様がよく言われるのが、

「おすすめください!」という注文です。

意外とこれがバーデンダー泣かせのフレーズだったりします。

食事であれば、旬なものや鮮度がいいものなど、今日のおすすめといって提供するものが通常だとおもいます。

ただ、お酒は様々な種類のものがあり、「味、匂い、アルコール度数、色合い」など、ある程度相手の好みがわからないと、おすすめが難しいのです。

なので、バーテンダーは会話の中でお客様の好みをリサーチする必要があります。

リサーチがうまくできないと、
これはあんまり好みじゃないなー。」と満足いただけなかったりします。

お客様によって、好みはまったく異なり、

  • 甘いのが好きな方
  • すっきりしたものが好きな方、
  • お酒の強い方や弱い方、
  • ワインが好きな方
  • ウィスキーが好きな方

などなど様々です。

なので、人の好みがすぐにわかる能力はバーテンダーの必須スキルの一つだと思います。

相手がどうしたら喜ぶかを日々考えながら、いざという時に、すぐ対応出来るようこれからも心掛けたいと思います^ – ^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です